●CGI へのアクセス・リンク

CGI を設置したいページに下記のように記述してください。

注意
SMTP認証が有効になっている場合に Webmail を設置する場合は pmman.exe から「SMTP認証フィルタ」へ 127.0.0.1 (localhost) を登録してください。

*ここでは、/scripts/ へコピーを行った場合を対象にしております。
Webmail (通常) <a href="/scripts/pmum.exe?">ユーザーログイン</a>
Web ブラウザ経由でアクセスするとログイン画面が表示されます。
Webmail (アカウント名指定) <a href="/scripts/pmum.exe?アカウント名">ユーザーログイン</a>
Web ブラウザ経由でアクセスするとログイン画面が表示されます。
オプションでアカウントを指定することによりアカウントの入力を省略できます。(携帯電話等で便利です)
Webmail (User Agent 確認) <a href="/scripts/pmum.exe?UAC">Uesr Agent 確認</a>
User agent (ブラウザ名)を確認することが出来ます。オプションの「UAC」は半角英字の大文字を指定してください(小文字は認識されません)
アカウント管理用 pmam.exe <a href="/scripts/pmam.exe?">管理ログイン</a>
Web ブラウザ経由でアクセスするとログイン画面が表示されます。
アドレス部分だけを直接ブラウザのURLへ入力する事も可能です。
同報送信用 pmc.exe <a href="/scripts/pmc.exe?設定ファイルの設定名+login">ログイン</a>
Web ブラウザ経由でアクセスするとログイン画面が表示されます。
アドレス部分だけを直接ブラウザのURLへ入力する事も可能です。
メーリングリスト全文検索用 pmmls.exe

<a href="/scripts/pmmls.exe?メーリングリスト名">検索を行う</a>

<a href="/scripts/pmmls.exe?メーリングリスト名+メールのファイル名">指定メールを表示します</a>

<a href="/scripts/pmmls.exe?メーリングリスト名+all">メーリングリスト全文を表示します</a>
ALLVIEW=ON にしている場合のみ有効です。

<a href="/scripts/pmmls.exe?メーリングリスト名+all+件数">メールリストをxxx件表示します</a>
件数で指定した数だけ表示を行います。降順にしている場合は最新から、昇順にしている場合は最初から表示します。
ALLVIEW=ON にしている場合のみ有効です。

<a href="/scripts/pmmls.exe?メーリングリスト名+all+件数+開始位置">メールリストをxxxからxxx件表示します</a>
開始位置から指定した件数だけ表示を行います。降順にしている場合は最新から、昇順にしている場合は最初から表示します。
ALLVIEW=ON にしている場合のみ有効です。

ファイルを指定してダウンロードが行われる場合は、準備の「実行権の設定」を確認して下さい。