メーリングリスト設定

PMailserver2 製品版ではメーリングリスト機能が実装されています。

POP Before SMTP 又は、SMTP認証を有効にしている際のメーリングリスト設定の注意事項
メーリングリストからメーリングリストへの配信、又はメーリングリストからフォワード設定が行われているローカルユーザーへ配信を行った場合、自分自身の SMTP で再度処理を行うように変更が行われています。
この為 POP Before SMTP 又は、SMTP認証が有効になっている場合で上記に該当する配信は各機能の制限がかかるようになりました。

該当する場合は、以下の設定を行って下さい。
  1. pmman.exe を起動します。

  2. まずアカウント管理でメーリングリスト用のアカウントを1つ(又は2つ)作ります。 管理用アドレス:メーリングリストの管理者のアドレスを指定します。このアカウントは「通常アカウント」として作成します。メーリングリストの受信者にエラーが発生したりする場合は、このアドレスへエラーメール等が届きます。
    コントロールアドレス:メーリングリストへのコマンドや投稿する場合に使用するアドレスと指定します。このアカウントは「メーリングリストアカウント」と して作成します。

  3. メーリングリストを開きます。

  4. mailinglist1.gif


メーリングリスト情報

動作関連
mailinglist1a.gif

変更処理
mailinglist1b.gif

エラー処理
mailinglist1c.gif

管理者機能
mailinglist1d.gif

メーリングリスト関連ファイルの設定

mailinglist5.gif
メーリングリストタブの右下で各種設定ファイルの編集を行うことができます。


メーリングリストのメンバー編集 mailinglist2.gif

メーリングリストを選択した状態で右クリックをするとメーリングリストに登録されているメンバーを編集することが出来ます。

メーリングリストを編集した場合は、OK ボタンを押してウィンドウを閉じた場合のみリストの更新が行われます。
リストの編集を行った場合でも Cancel ボタン又はウィンドウの×で閉じた場合はメンバーファイル に反映されません。

メーリングリストの編集の際に追加・変更はリストに登録されているメールアドレスを基準に検索を行い登録されている場合はその状態を変更します。同じメールアドレスを登録する場合は直接メンバーファイルを編集して下さい。

PMMAN のファイルメニューより、アカウント情報をメーリングリストのメンバー形式でファイルを出力することもできます。

mailinglist4.gif


SMTP で利用できるメーリングリスト関連のコマンド(VRFY/EXPN)はあえて実装されていません。これはメールアドレス の流出に結びつくからです。
メーリングリスト用コマンド一覧
上記のページはマニュアルから切り離しメーリング用ヘルプファイルとして別途サーバへ置いて頂いても 構いません。また PMailServer2 でメーリングリストを運営するホストに限り、編集を加えることを許可します。

管理者用メーリングリストコマンド一覧