DNS BlackList(DNSBL)によるSPAM ホスト問い合わせについて

SpamCop等のサイトでは、SPAM の発信元となるホストのデータベースを構築しています。これらのサイトは DNS 経由でアクセスしてきたホストが SPAM を大量発信しているホスト、又は第三者不正中継対策がされていないホストかどうかをチェックすることが可能です。PMail Server でもこの公開データベースを利用して SPAM ホストからの受信を防ぐことが出来ます。
PMail Server2 では、問い合わせ方式に DNSBL 方式を採用しています。

注意
SpamCop へ登録されているホスト=そのホスト自身が SPAM を発信している訳ではありません。(発信している場合も当然ありますが)上記のリストを作成している団体や企業それぞれにブラックリストへ登録するポリシー(方針)があり、それに該当するホストが登録されています。主に、第三者不正中継が出来るような設定になっていたり、SPAM を大量に送信しているにも関わらず、なんら対処を行っていないホストなどが登録されていくようです。上記以外にも多数同じ趣旨のサイトがあり、それぞれに固有のポリシーがあります。各サイトのポリシーについては、そのサイトを参照して下さい。


問い合わせの仕組み

  1. aaa.bbb.ccc.ddd ホストから PMail Server の SMTP へ接続が行われました。
  2. PMail Server は指定された DNS サーバに対して ddd.ccc.bbb.aaa.データベースドメイン名 の名前で問い合わせを行います。
  3. DNS サーバから 127.x.y.z 形式で応答が返ってきた場合は、aaa.bbb.ccc.ddd ホストはブラックリストに登録されている IP アドレスになります。
  4. DNS サーバから応答が無かった場合は、aaa.bbb.ccc.ddd ホストはブラックリストに登録されていないホストです。
もし、DNS サーバから 127.x.y.z 形式で応答があった場合は PMail Server は回線を強制的に切断します。

設定方法


2005年3月末の時点で
SpamCop の指定ドメイン名は bl.spamcop.net
です。(他にも多くの公開データベースがあります)

不正中継及び SPAM チェックのリストは複数のドメイン名を指定することが可能ですが、必要以上に多く登録するとそれだけ反応が遅くなります。
必要に応じて設定を行ってください。また公開データベースの内容は必ずしも100%正しいとは限りません。場合によっては送信者はなにも悪いことをしていないにも関わらず、ホストがブラックリストに載っている為、受信をキャンセルする場合もあります。公開データベースを利用して SPAM 等をブロックする場合は、公開データベースの内容をよく確認してから設定を行って下さい。