PMail Server / PMail Server2 は以下の3のバージョンに分かれています。

"PMail Server2 Standard版" "PMail Server2 Pro版" "PMail Server2 Standard +IMAP4対応版" "PMail Server2 Pro +IMAP4対応版" を合わせて「製品版」と表記する場合があります。

フリー版と製品版の主な機能比較表です。製品版ご購入の際に参考にして下さい。

ご利用になる OS と Web Server の組み合わせについてはこちらをご参照下さい。

機能名Pro+IMAP4Pro版Std+IMAP4Standard版フリー版
SMTP
SMTPS / SMTP for STARTTLS (Ver 2.0以降)×
POP3
POP3S / POP3 for STARTTLS (Ver 2.0以降)×
APOP(APOPポート)×
APOPS / APOP for STARTTLS (Ver 2.0以降)×
IMAP4××
IMAP4S / IMAP4 for STARTTLS(Ver 2.0以降)××
MTA△(*1)
MTA for STARTTLS(Ver 2.0以降)×
Transfer SMTP Over SSL(Ver 2.0以降)×
簡易Webサーバー
SMTP AUTH (*2)
POP3 AUTH
IPv6(Ver 2.0以降)×
SMTPゲートウェイ(転送機能)
POP Before SMTP○(*3)
マルチドメイン無制限
管理アカウント数 (*4)無制限
管理者telnet
同時配信数1〜30〜50
同時最大接続数(*5)100
DNS逆引きによる接続制限
ORDB等への問い合わせ
SenderID / SPF Classic による送信者認証
国際化ドメイン対応
メーリングリスト×
接続フィルタ(Inbound Port 25 Blocking)○(*7)
PMail Server 専用管理ソフト△(*8)
Submission SMTP×
FetchEML△(*9)
SMTPフィルタのMULTI/POINTタイプ×(*10)
ローカル送信者確認(Local Sender Policy)×
自動返信×
自動追加文章×
メール受信時の転送(フォワード機能)×
送信メールのバックアップ機能×
アカウント別送信メールのバックアップ機能×
バックアップメールの全文検索×
送信サイズの制限×
1日の送信数の制限×
受信メールのフィルタリング機能×
ドメイン別フィルタリング機能×
言語別ベイジアンspamフィルタ×
イメージフィルタ×
メール受信時の外部プログラム起動×
時間指定配信○(*11)×
動的フィルタ×
フィルタ優先順位学習×
Webmailによる高度フィルタ×
Web Cabinet 連動×
遅延送信(要Webmail)×
送信メールのキャンセル(要Webmail)×
情報漏洩防止機能(BCC送信制限)×
MTAメールレポート機能
WebAPI(要Webmail)
IMAP4共有フォルダ機能×

(*1) フリー版は一度に配信するメールがMTA並列数を超える場合に配信速度制限があります。

(*2) PLAIN/LOGIN/CRAM-MD5 に対応しています。

(*3) 製品版は POP Before SMTP を 0 に指定することにより機能を切ることが出来ます。フリー版は機能を切ることは出来ません(30秒以下が指定された場合、30秒になります)、SMTP認証を利用すれば POP Before SMTPの影響は受けません。

(*4) 管理できるアカウント数は無制限ですが、サーバのスペック等により非常に多くのアカウントを登録した場合のパフォーマンスの保証はできません。

(*5) SMTPは最大200 POP3は最大100 クライアントまで同時に接続が可能です(ただしサーバ機の OS による制限、スペック、メモリ等でパフォーマンス及び接続数は変動します。サーバのスペック以上の接続数を割り当てた場合、パフォーマンスが著しく悪くなる場合があります。

(*7) ダイレクトチェック方式はフリー版でもご利用頂けます。フィルタチェック方式はフリー版ではご利用出来ません。
ダイレクトチェックは SMTP 接続のみ制限が出来ます。フィルタチェックは SMTP/POP3 両者に適用できます。

(*8) ログの解析機能、国別IP割り当ての検索機能、送信メールバックアップから添付ファイルの取り出し機能がご利用いただけません。nslookup 機能は利用できます。

(*9) フリー版には FetchEML は同梱されておりません。A.K.I Software からダウンロードを行ってください。またダウンロードできる FetchEML は評価版です。取得できるアカウントは1つに制限されております。

(*10) MULTI/POINT タイプについてはフィルタリング機能を参照してください

(*11) 時間指定メールの指定は付属 Webmail 又は、A.K.I Software で公開している PMail Server2 用 sendmail.exe から利用が可能です。一般のメーラから時間を指定して送信することはできません。
ドメイン単位での配信時間の指定はサーバー本体で設定しますので一般のメーラからも利用することは可能です。
また遅延送信については一般のメーラから利用することができます。

付属 Webmail 機能(製品版のみ)

機能名Pro + IMAP4版Pro版Std + IMAP4版Standard版
受信拒否設定
フォワード設定
メールフィルタリング
自動返信設定
ベイジアンフィルタ設定
メールボックス振り分け設定
パスワード変更
メール検索機能
テンプレート機能
フォルダ毎のメール上限65535通
バックアップ機能
外部サーバーとの送受信機能×
個人スケジューラ×
共有スケジューラ×
ToDoリスト×
Webmailによる高度メールフィルタ×
共有アドレス帳×
送信メールのキャンセル機能(要Webmail)×
Webmailでの TLD フィルタ機能×
ZIPファイルの圧縮展開×
IMAP4共有フォルダ機能×